おいしい料理求めて、まりモグがゆく。

アートと美食と渓流と。青森で過ごす、特別な時間。

今月20日に発売されたフィガロジャポン最新号「新しいアートの楽しみ方」。この特集では、アートをテーマに旅したり、アートに囲まれたホテルに泊まったり、アートについて改めて学んだり……。さまざまな角度から、アートの楽しみ方を提案しています。

アート×旅をテーマにしたページでは、青森県をフィーチャー。昨年末に八戸市美術館が完成したことで、青森県立美術館、国際芸術センター青森、十和田市現代美術館、弘前れんが倉庫美術館と、県内に5つの大型美術館が揃いました。誌面では、そんな美術館巡りの間に宿泊したいおすすめのホテルとして、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルをご紹介しています。

220721_220619_FIGARO_art_561.jpg

フレンチレストラン「Sonore(ソノール)」のアペリティフ。

名前のとおり、場所は奥入瀬渓流沿い。十和田湖から流れる、上流約14㎞が“奥入瀬渓流”と呼ばれ、特別保護地区として指定されています。取材で訪れたのは新緑美しい6月末。キラキラと光を反射する水面と、鮮やかな緑、そして水の音。そこに身を置き、思いっきり深呼吸をすると、身体がデトックスされる感覚になります。
ホテルには、渓流をはじめとする自然を楽しむための仕掛けがいっぱい。たとえばこちらの「渓流テラス」。フレンチレストラン「Sonore(ソノール)」のディナーを予約すれば、こちらでアペリティフを楽しめたり、プランによって、こちらで朝ごはんがいただけます。

220721_220619_FIGARO_art_526.jpg

¥22,780のコースより「いちご煮」。ペアリングは¥11,000。料理やお酒は、時期によって変わる。

渓流の音や鳥の声を聞きながらシャンパーニュをいただいた後は、室内へ移動。ピエール・ガニェールなど一流店で研鑽を積んだ料理長、岡 亮佑によるグランドキュイジーヌが待っています。誌面ではマグロの冷前菜を紹介していますが、ウニを使ったこんなユニークなメニューも。青森の郷土料理、いちご煮(ウニやアワビの吸い物)を再構築した一品です。タルト生地に、肝で和えたアワビがのり、上にはたっぷりのウニが。食べると口の中で海の香りが広がり、まさに魅惑の味。添えられた貝出汁が味に奥行きを加えてくれます。合わせるのはジュラ地方のヴァン・ジョーヌ(黄ワイン)。その芳醇な成熟感が、海の香りをしっかり受け止めます。

220721_220619_FIGARO_art_456.jpg

西館のラウンジには岡本太郎の大暖炉『河神』。

さまざまなアートに出合えるのもこのホテルの魅力。ロビーにある岡本太郎作『森の神話』がゲストを迎え、となりの西館2階のラウンジには、同じく岡本太郎作『河神』が。奥入瀬渓流の水しぶきが水の妖精「ニンフ」に変わってく様をモチーフにしたこちら、岡本の遺作となるもの。間近でアートを堪能するもよし、作品の奥に広がる奥入瀬の景色を楽しむもよし。さまざまな過ごし方ができます。

220721_220619_FIGARO_art_993.jpg220721_220619_FIGARO_art_964.jpg

4月~11月の間は、アクティビティとして「苔さんぽ」を体験することも可能。

アウトドア派の人には、ホテルのアクティビティ「苔さんぽ」もおすすめです。実は奥入瀬渓流、日本にある約1800種の苔のうち、約300種が生息するという「苔の聖地」なんです。特別な装備も不要で、部屋に用意されたルーペを持って行くだけでミクロな苔の世界に入りこめます。雨が降った翌日は、特にきれい。いままで苔のことを深く考えたことがなかったにもかかわらず、急に苔が愛おしく思えてくるので不思議です。

220721_220619_FIGARO_art_436.jpg

奥入瀬渓流沿いにある「渓流露天風呂」。

1日の締めくくりはもちろん温泉で。さらっとした単純泉で、筋肉や関節の痛みにも効果が期待できる泉質です。内風呂はもちろん、露天風呂も広々しているので、疲れた身体を癒やすのにぴったり。

アートはもちろん、渓流を舞台に繰り広げられる美食や壮大な自然。星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルでは、そのすべてが心ゆくまで堪能できます。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
tel : 0570-073-022(星野リゾート予約センター)
全187室 バスタブ付き11室(露天風呂付き客室を含む)
料金:1名¥22,000~(2食付き、夕食がビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」の場合)、
1名¥38,280~(2食付き、夕食がフレンチレストラン「Sonoreソノール」の場合)
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/oirasekeiryu

photography: Kentauros Yasunaga

まりモグ

好物はお肉と甘味と白子と鮨。アルコールはヱビスからワイン、日本酒、蒸留酒まで幅広く。東京→神奈川→北京育ちの雑食系モグエディターMA。

ARCHIVE

MONTHLY

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories