トム・クルーズ、顔がパンパンに腫れてまるで別人に!?

Culture 2021.10.13

2021年10月9日土曜日に野球の試合を観戦したトム・クルーズの顔の激変ぶりに注目が集まり、噂が飛び交うことに。

tom-cruise.jpg

テニスのウィンブルドン選手権13日目を観戦するトム・クルーズ。(ロンドン、2021年7月11日) photo: Getty Images

列車やバイクでの派手なアクションが期待される『ミッション・インポッシブル7』の撮影を終えたトム・クルーズ。家族とのんびり土曜の夜を過ごすべく、26歳の息子コナーと野球の試合を観戦に、サンフランシスコの球場を訪れた。しかしながらサポーターが注目したのは試合そのものよりもトム・クルーズの顔だった。顔がパンパンに腫れて特に頬やあごのあたりがぷっくり。激変した顔の写真は米メディア「Page Six」に掲載された。59歳の俳優の変貌ぶりには観客も注目し、カメラマンの格好の標的となった。レポーターのクリス・アルヴァレスのツイッターには動画が載っている。

---fadeinpager---

整形手術? 老化? 役作り?

一部のファンは、トム・クルーズが整形手術を受けたのではないかと疑った。ネットユーザーも反応した。「顔、どうしちゃったの?」と心配する声があれば、「アレルギー反応じゃないか??」と冗談を飛ばす人も。不自然なところはないとトム・クルーズを擁護する声もあった。「体重が増えた減ったと人をバッシングするツイッターにはうんざり。(中略) デブを敵視するのはやめろ!」とツイートする人がいれば「年齢の割にはかっこいい。もうすぐ60歳だしね」とコメントする人もいた。あれこれ憶測が飛び交うなかで、「本人じゃなくてなりすましでは」と考える人も現れた。

---fadeinpager---

本人の反応がない理由は......?

元妻ニコール・キッドマンと共演した『アイズ ワイド シャット』(1999年)で引き締まった身体と整った顔立ちを見せたかと思えば、『トロピック・サンダー/史上最低の作品』(2008年)では禿げ頭にメタボ腹の姿になるなど、トム・クルーズは変身することで知られており、長年にわたって外見を自らコントロールしてきた。野球場で楽しそうに笑っていた俳優は自分の外見に対する数多のコメントにも反応していない。映画『ミッション・インポッシブル7』のプロモーションがまもなく開始することを考えると、ここで新たな仮説を提示したい。ひょっとして新しい役柄の準備中?

text: Alice Mascher (madme.lefigaro.fr)

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

Recommended

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories