今月の運勢(月運) - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2022年1月5日〜2月4日の運勢

  • いよいよ2022年、始まりの月からやることがいろいろありますが、あなたが音頭をとって進めていく仕事が多々ありそう

    MORE

  • とても忙しい年始になりそうです。やるべきことが次々に出てくるので、さっさと片付けたら休憩を。長々とかかりきりで働

    MORE

  • 年明け早々、大きな変化の星が巡ります。思い込みや信念、古い価値観などを手放して、新しい自分を生きるきっかけを得ま

    MORE

  • スタート月の1月から、何かにつけて出費がかさみそうです。お祝いやお礼の品には、心を込めた贈り物を選ぶのも楽しいも

    MORE

  • デリケートになる流れが巡り来るので、ちょっと神経を使うことが増えるかもしれません。小さなことにもよく気が付きます

    MORE

  • 何にもこだわりすぎることなく、大らかで楽しい星のエネルギーに乗っかりましょう。今月は、心明るくなるような集まりへ

    MORE

  • 明るい「社交」の星がやってきて、新しい人間関係に繋がるチャンスを得そうです。未知なる出会いが望めそうな機会があっ

    MORE

  • 新年早々、「やる気十分」といった星が巡ります。できること、やりたいことにどんどん着手すべき今月は、人に協力を仰ぐ

    MORE

  • 今月、時間にゆとりがあれば、実家を訪ねてお掃除など家事を手伝ってあげられたらいいですね。なぜなら両親や祖父母を示

    MORE

  • 動きのある月です。制限のある状況下でも、それなりに外出や遠出が増えるでしょう。また、海外に関係することに縁がある

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories