11月の運勢(月運) : 陽 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2021年11月7日~
12月6日の運勢

星座名

アートに触れることで、運気がアップ! ひとり行動が吉。

今月の星があなたに勧めてくれること、それは寸暇を割いて、芸術に触れる機会を持つことです。たとえば仕事が多忙でストレスが溜まった時や、人間関係でちょっとしたひっかかりがあった時に、あまり深刻にならないように、よい音楽を聴きに行ったり、好きなアーティストの展覧会に出かけるなど、未知の芸術に親しもうとするひとときが、あなたの心身を静かに、ときに明るく、パワフルに活性化することでしょう。小さな画廊に立ち寄ってみれば、偶然あなたの感性にぴったりの作品に出合うかもしれません。ひとりで何気なく、何かのついでに、といったスタンスでも、美しいものやあなたを奮い立たせてくれるものに導かれるのも、今月の星の働きだといえそうです。お気に入りの役者の出る舞台から、とびきりの感動を得るなんてことも起こりそうです。そうした内的で繊細な体験は、ひとり行動をする時、ないしは自分と向き合う際に起こることが多いものです。楽しみにしていて下さい。

陽のあなたはこんな人

いつも明るさを携えて、地上のすべてを照らす太陽に象徴される世界が、あなたの本質です。無邪気で、のんびり、リラックスして、自然体で生きたい人。太陽が日の出から日没まで、つねに動いているように、感受性や表現力豊かで、じっとしていない行動力があります。表現力が豊かで、いろいろなことを工夫するのも上手。ただし、長年地道にコツコツ、あくせくといった、忍耐力には欠けるところがありますが、趣味や遊ぶこと、食べることが大好きで、人生を楽しく生きることができる人です。人生の苦難も、持前の明るさで大らかに乗り越えることを選択すれば、より深い味わいと実りのある大人として、広く人々に求められ好かれるでしょう。

陽の有名人

イザベル・ユペール(女優)1953/03/16
ヴァンサン・カッセル(俳優)1966/11/23
ガエル・ガルシア・ベルナル(俳優)1978/11/30
レオナルド・ディカプリオ(俳優)1974/11/11
ロマン・ポランスキー(映画監督)1933/08/18

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories