石井ゆかりの星占い

2022/1/24 - 1/30

みずがめ座

みずがめ座

1.20 - 2.18

ここからの時間は「貴方のもの」です。貴方が思ったように使うことができます。「何もしない」というのも、ひとつの時間の使い方です。特徴的なのは「誰かに言われたからやる」「やらなければならないからやる」という流れになりにくいことです。「やるべきだからやる」のではなく、「自分の意向として、この時間はこういうふうに使おう」と決められるのが、この時期の非常におもしろいところです。

ここから3月頭くらいまでの時間は、たとえば「企画立案」の時間帯なのかもしれません。戦略を立てる時間、心を整理する時間、考えを練り上げる時間、自分と対話する時間、じっくり学び、復習する時間、個人的な問題を解決する時間、愛する人を全力で助ける時間、などとなるのかもしれません。いずれも、目先の利益や他人の賞賛などとは無縁です。小さな見返りをアテにしてできるようなことではありません。もっと大きな喜びや夢、目標を的にしないと、やろうとは思えないことです。

望みが大きければ大きいほど、夢が長期的であればあるほど、ここから1カ月強の時間は、重要性を増します。立派なこと、真に誇れること、心底満足できること、心から願えることなどは、簡単には成し遂げられないものだろうと思います。この時間、貴方は「簡単にはできないこと」に、強烈に惹かれ、それに取り組むことができるようです。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories