石井ゆかりの星占い

2022/1/24 - 1/30

うお座

うお座

2.19 - 3.20

2020年頃、思い描いた夢があったでしょうか。思えばあの頃から私たちは社会的に行動を強く制限され、「叶わぬこと」が増えました。その分「状況が好転して解放された時には、これをしたい」「自分にとって、この活動は思ったよりずっと大きな意味があったのだ」などという思いを強くしてきた人も、少なくなかっただろうと思います。皮肉なことですが、制限されたことによって、かえって夢や希望のイメージが、強く大きくなったのです。

今週から数週間のなかで、あの頃から思い描いた夢や希望を、より積極的に「描き直す」ことになるかもしれません。あるいは、その実現に向けてより多くの労力を割くことになるのかもしれません。新たな仲間、新たな場を得て、活動の形が刷新される可能性もあります。この時期に貴方が「描き直す」夢は、おそらく貴方ひとりだけのものではなく、多くの人と共有されるものなのだろうと思うのです。あるいは、幾人かの仲間を得て、夢が現実に変わることになるのかもしれません。

貴方はもともと、人から愛される人ですが、この時期はその力が普段よりも周囲に対し、強く作用するようです。愛されることも、愛することも、貴方の中ではあまり区別されないところがありますが、相手によってはそこが「大きく違う」と思われている場合もあります。相手の思いのあり方を丁寧に確かめながら、自分の思いを伝えることによって、これまでよりもずっと熱く骨太な人間関係を構築できるようです。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories