石井ゆかりの星占い

2022/1/24 - 1/30

ふたご座

ふたご座

5.21 - 6.21

昨年12月半ばからの「対決・勝負」の時間が収束します。ガンガンやり合っていた相手が「退場」してくれるのかもしれませんし、交渉や相談がうまくまとまり、やっとテーブルを離れることができるようになるのかもしれません。緊張感やストレス、プレッシャーから解放され、ホッとひと息つく人も少なくないでしょう。

ここまでの「対決・勝負」では、たくさんの「戦利品」を勝ち得た人も多いはずです。あるいは、今週以降、これまでの「対決・勝負」の戦果を手にする人もいるでしょう。受け取ったもの、勝ち取ったものを「どう受け止めるか、どう使うか、どう生かすか」ということが、ここからのテーマとなるかもしれません。「戦果」は物質的な「モノ」だけでなく、ある種のチャンスや権利、機会、チケットのようなもの、さらには信頼関係なども含まれます。

今の双子座の人々の胸には、なんらかの「目標」が強く輝いています。その目標を達成するために、今手に入りつつあるものをどう使うか。そのあたりも、重要なテーマとなるでしょう。誰かからの申し出や提案は、貴方の想像とは少し違っているかもしれませんが、その内容を未来に向かって「展開」してみると、目標達成への意外なルートが浮かび上がるかもしれません。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories