石井ゆかりの星占い

2022/1/24 - 1/30

しし座

しし座

7.23 - 8.22

どんどん忙しくなってきます。やることが山積みで、人の都合に振り回され、苛立ちを感じる場面もあるかもしれません。普段なら自分自身の考えでどんどん進められるのに、今は周囲の様子や相手の出方、気持ちの変化などを待って、その上でなければ動けないかもしれません。「自力でなんとかしよう」「自分の能力の高さで解決しよう」という思いにしがみついてしまうと、今はあまりうまくいかないようです。コントロールしようとする意志や自己効力感をいったん棚上げして、風を待つ小舟のように、日の光を待つ草花のように、じっと周囲の変化に注目していると、いつかその全体が連動して貴方を包み込んでいることに気づかされます。

「自分が主人公である」という感覚を棚に上げることは、獅子座の人々にとってはそれほど簡単なことではないかもしれません。でも、今はサポートメンバーとか、特別出演とか、そんなポジションでの輝きが求められているようです。そうした経験を積んで初めて、主役とは何か、ということに開眼する人もいます。中心的な役割を誰かに預けるということは、決して消極的になるとか、受動的になるということを意味しません。むしろ、中心的な役割から一歩引いた時ほど、積極的な情報収集や学び、状況に敏感に対応する力などが求められます。

今週から3月頭くらいまでの中では、「訓練」というキーワードが重みを増すかもしれません。自分で自分に課す訓練、繰り返し積み重ねることで初めて成果が出る何事かに、ここから挑戦する人も少なくないはずです。

Share:
  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

石井ゆかり

ライター。「フィガロジャポン」本誌にて2010年から星占い連載を手がけ、ムック本「石井ゆかりの星占い3」(CCCメディアハウス刊)が好評発売中。そのほか、さまざまな媒体で記事やエッセイなどを執筆し、『12星座シリーズ』(WAVE出版刊)は120万部を超えるベストセラーに。『愛する人に。』(幻冬舎コミックス刊)、『夢を読む』(白泉社刊)など、著書多数。累計発行部数は400万部を超える。

公式サイト「石井ゆかりの星読み

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories