今月の運勢(月運) - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

新刊発売! 11/13(日)と12/10(日)に講演会を開催します。
www.juan.jp

主精を調べる

1990

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2022年11月7日~
12月6日の運勢

  • “動き”がポイントになる活動的な月になるでしょう。慌ただしく忙しい月でもありますが、あま

    MORE

  • 今年最後の変化の星が巡るタイミングです。人生には、突然思いがけないカタチで変化がやってくるもので、計画的にいくと

    MORE

  • 愛情の星が太陽のように輝きながらやってきます。光っているのは、太陽が主精のあなた自身ですから、あなたの光を周囲に

    MORE

  • 家で過ごすことが幸運に繋がる月です。できるだけ早く帰宅したり、オフの日には、予定を詰め込み過ぎることなく、いまや

    MORE

  • 楽しいことが起こりそうな月です。まじめに考え込むと、せっかくチャンスが目の前に転がっていても逃すことになりますよ

    MORE

  • 何か自分を表現してみましょう。それがあなたの可能性を広げ、心を元気にするという月です。あなたが何を表現したいのか

    MORE

  • 自分自身と向き合い、もっと深いところで繋がることを意識してみてください。今月いちばん大切なテーマは、自分の本心を

    MORE

  • 人間関係は、心の中を映し出す鏡だといわれます。顔が鏡に写さないと見えないように、自分の心をちゃんと知るには、ほか

    MORE

  • 今年も残りわずかですが、大きな動き、すなわち移転・移動を表す星の気配があります。“冒険“

    MORE

  • 何か新しいことを学びたい、知りたいといった意欲が湧いてくるタイミングです。もしくは現在の趣味や習いごとをもっと上

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

Ranking

Find More Stories